Other

CoE(センターオブエクセレンス)

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.CoE(センターオブエクセレンス)は、TD シネックスが持つ先端的な製品やソリューションを組み合わせてお客様に提供するサービスです。また、各領域に特化したソリューションを仮想環境で試用し、その後実環境に移行していただくことで、急速な変化を遂げるIT環境への対応やビジネス変革が可能となります。 Skip to contentCoE(センターオブエクセレンス)は、TD シネックスが持つ先端的な製品やソリューションを組み合わせてお客様に提供するサービスです。また、各領域に特化したソリューションを仮想環境で試用し、その後実環境に移行していただくことで、急速な変化を遂げるIT環境への対応やビジネス変革が可能となります。 /wp-content/uploads/2022/03/CoEページ内動画0316.mp4 TD シネックスのCoEでは、データセンターモダナイゼーション、ハイブリッドクラウド、クラウド、DevOps、アナリティクス、セキュリティのソリューションを用意しています。TD シネックスのCoEを活用することで、これらのテクノロジーを実際のシナリオで体験し、お客様のビジネス戦略に対して包括的なソリューション提案を行うことができます。CoEで実現可能なことTD シネックスが持つ広範な取扱いメーカー様のネットワークと最先端のソリューションで、販売パートナー様とエンドユーザー様が抱えるIT領域の問題を解決します。 各メーカー様の強みを結集することで、すぐにテストやデモンストレーションを行うことができ、お客様の市場参入とビジネスの拡大をスピード感を持って支援します。TD シネックスのCoEソリューションデータセンターモダナイゼーション従来のデータセンターをより柔軟で効率的な運用に変えるためのソリューションです。ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)の導入や、データーセンター運用に関わる各種プロセスのオートメーション化等ができます。ハイブリッドクラウドハイブリッドクラウドは、複数のタイプのクラウド環境やオンプレミス環境とを組み合わせたシステムを構築することで、クラウドサービスの利便性とオンプレミスの高いセキュリティを同時に実現することができます。クラウド仮想デスクトップ環境の導入や、クラウドサービスにおけるセキュリティ対策、アプリケーションの構築に関わるソリューションを提供します。DevOps開発(Development)と運用(Operations)がスムーズに協調するため、開発者の生産性を向上させたり、イノベーションの促進に寄与するソリューションを提供します。アナリティクス企業が保有するデータの可視化や分析をはじめ、データに基づく計画・予測の自動化や、AIを用いたビジネスプロセスの自動化等のソリューションを提供しています。セキュリティ高度化・多様化するサイバー攻撃(第5世代)の対策となる最新のセキュリティソリューションを提供します。境界型セキュリティ、アプリケーションセキュリティ、ウェブセキュリティ等、それぞれの領域におけるセキュリティ対策ができます。CoEが選ばれる理由トレーニングの実施豊富なソリューションの組み合わせが可能にするイノベーション短時間でのデモンストレーションとテストが可能CoEに関するお問い合わせ
#Cloud #Security #Network #Helthcare #Education #Manufacturing #Government #Newnormal

クラウドVDIとクラウドPCの比較・自動診断ツール

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.クラウドVDIは、従来のオンプレミスVDI環境とクラウド環境の良さを併せ持ち、クラウドPCはカスタマイズがほとんどできない代わりに高速な構築が可能です。自社の用途やユーザー数をもとに、コストと技術のバランスが取れた最適な環境を構築しましょう。 トップ ソリューション クラウドVDIとクラウドPCの比較・おすすめ製品 クラウドVDIとクラウドPCの比較・おすすめ製品自社に適したクラウドVDI・クラウドPC 自動診断ツールクラウドVDIとクラウドPCの比較表おすすめのクラウドVDIとクラウドPC自社に適したソリューションを診断するクラウドVDIとクラウドPCクラウドVDIとはVDIとは、デスクトップ仮想化(Virtual Desktop Infrastructure)の略で、サーバー上にあるデスクトップ環境を遠隔地にあるクライアント端末に転送して利用する技術です。クラウドVDIとは、従来のオンプレミス環境上でのVDI構築ではなく、パブリッククラウド上に構築したVDIを指します。クライアント端末で最小限の処理を行い、プログラムの実行のほとんどをサーバー側で行うシステム構成をシンクライアントと呼びますが、VDIを利用することで、シンクライアント環境を実現することができます。シンクライアント環境を実現することで、ユーザーの扱う端末にデータが残らず、リモートワーク下においても強力なセキュリティを実現可能です。引用:Citrix社webサイトよりクラウドPCとはクラウドPCとは、メーカー側(SaaS提供事業者)が用意したクラウドサービス上のアプリケーションにアクセスする方式で、この方式でもシンクライアント環境を実現することができます。デスクトップ構成をユーザーごとにカスタマイズするのでなく、メーカー側が準備した環境にアクセスして利用し、カスタマイズを最小限にとどめて用意されたものをそのまま使うのが特徴です。クラウドVDIとクラウドPCの違いとユースケースクラウドVDIとクラウドPCの最大の違いは、カスタマイズ性の有無にあります。クラウドVDIは、オンプレミス環境と同様にデスクトップ構成を個別でカスタマイズをかけることが前提となっていることに対して、クラウドPCは極力カスタマイズを避けるように設計されています。そのため、ユースケースや想定されるユーザーも、その点を基準に分かれます。クラウドVDIのユースケースカスタマイズを必要とするユーザー向けのため、次のようなユーザーにお勧めです。・1つの会社や組織で複数のデスクトップ環境が必要な場合(例:事務職向けと設計者向け等)・CADを用いた設計業務や画像処理などを行うケースクラウドPCのユースケースカスタマイズをほとんど必要としないユーザー向けのため、次のようなユーザーにお勧めです。・1つの組織で同じ処理を行っている場合(コールセンターや定型処理など)クラウドVDIとクラウドPCの比較表クラウドVDIは、従来のオンプレミスVDI環境とクラウド環境の良さを併せ持ち、クラウドPCはカスタマイズがほとんどできない代わりに高速な構築が可能です。従来のオンプレミスVDIクラウドVDIクラウドPC(Windows 365の場合)投資環境整備に初期投資がかかる従来のオンプレミス環境より初期投資が少額初期投資はほとんどかからない初期構築環境整備から利用可能になるまで数か月程度の時間が必要リソースはクラウド環境を用いるため、従来よりも短期間で構築可能すぐに構築可能サイジングVDI利用者に応じてサイジングが必要VDI利用者に応じてサイジングが必要Microsoftが用意したパターンから選択できるがサイジングは不可システム更新インフラ部分およびソフトウェア部分は必要ソフトウェア部分は必要なケースありMicrosoft側で基本実施運用インフラ部分、ソフトウェア部分は必要利用者サポートについては必要利用者サポートについては必要カスタマイズ自由度自由自在にカスタマイズが可能なため、様々なニーズに対応可能VDI部分については自由に設計可能Microsoftが用意したパターンから選択するため、ほぼカスタマイズできないユーザー規模大規模システム、大人数のユーザーにも対応可能中~大規模向け小規模ユーザー向けで、大規模ユーザーには向かないクラウドVDIは、適度なカスタマイズができることが特徴で、オンプレミス環境の自由度とクラウド環境の運用の簡便さを併せ持つソリューションになっています。どの環境が自社に適しているかの判断は、「カスタマイズ自由度」と「ユーザー規模」の2つが、大きなポイントとなります。自社に適したクラウドVDI・クラウドPC 自動診断ツールクラウドVDI・クラウドPC利用のメリットユーザー側のメリット仕事で使うデスクトップ環境と同等な環境をいつでもどこからでも利用可能になるユーザーが使用する端末にはデータやアプリケーションは保存されず、データはすべてサーバー上に保管されるため、ユーザーは使用する端末を選ぶ必要がなくなります。これにより、ユーザーは仕事で使うデスクトップ環境をどこからでも利用できるようになります。管理者側のメリットセキュリティの向上端末へデータを保存することができないため、機密情報の持ち出しや盗難時の情報漏洩を防止できます。また、コンピューターウィルスの侵入に際しても被害の極小化と素早い対応が可能になります。運用負荷の低減各拠点に物理的に分散されたパソコンを1台ずつ管理する必要がなくなるため、遠隔地も含めた端末に対するパッチ適用やセキュリティアップデート適用が可能となり、運用負荷を大幅に低減することができます。コスト削減デスクトップとアプリケーションをデータ センターで集中管理できるため、デスクトップの展開、セキュリティ制御、ソフトウェアの更新に必要なコストを軽減できます。おすすめのクラウドVDIとクラウドPCクラウドVDICitrix DaaS Standard for AzureMicrosoftとCitrixが提供する「Citrix DaaS Standard for Azure」は、従来オンプレミス環境で構築されていたCitrix製品をAzure上で利用できるソリューションです。CitrixのVDIが備える高度な機能を必要最小限に絞り、コストを抑えているため、DaaSの手軽さとVDIの機能性を両立した、良いとこどりのサービスです。様々な認証基盤を利用しているなど、カスタマイズを多く必要としている企業におすすめです。Azure Virtual Desktop(AVD)Microsoftが提供する「Azure Virtual Desktop」は、一定のカスタマイズを実施したいお客様向けのソリューションです。VDIの構築経験などエンジニアの方による管理が必要となり、運用面から考えると小規模数のユーザーでCADや画像処理などのGPUワークロードを利用するような企業におすすめです。クラウドPCWindows 365 Business /EnterpriseMicrosoftが提供する「Windows 365 」はMicrosoftが提供するクラウド型のSaaSサービスです。カスタマイズを極力避けて標準化された環境で容易な運用・展開を目的としています。BusinessとEnterprise…
#Cloud #Helthcare #Education #Manufacturing #Government #Newnormal

Citrix DaaS Standard for Azure無料料金シミュレーション

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.Windowsデスクトップアプリケーション仮想化サービスCitrix DaaS Standard for Azureを無料料金シミュレーション。リモートワークの推進の障壁・課題を解決します。
#Cloud #Helthcare #Education #Manufacturing #Government #Newnormal

Azure Virtual Desktop 概算見積ツール

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. Azure Virtual Desktop 簡易計算ツール Azure 公式見積りツールでは計算できない 少人数向けの概算見積もりをご確認いただけます! 利用ユーザー数 ご利用予定のユーザー数を選んでください。 0~5人 6~10人 11~20人 21~30人 31~40人 41~50人 51~60人 61~70人 71~80人 81~90人 91~100人 101~200人 201~300人 300人以上 ホストプールタイプの選択 シングル仮想マシンスペック ユーザごとに仮想マシンを割り当てる マルチ仮想マシンスペック…
#Cloud #Helthcare #Education #Manufacturing #Government #Newnormal

セキュリティソリューション

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. トップ ソリューション セキュリティソリューション TD SYNNEXのセキュリティソリューション今、企業に差し迫るセキュリティ上の脅威に先手の対策を ランサムウェアをはじめとしたサイバー攻撃や不正アクセス、災害、社員による誤操作、SLAの認識齟齬によるデータ喪失など、現在の企業活動におけるセキュリティ脅威は多岐に渡ります。TD SYNNEXではそれらの脅威に対し、お客様の課題に沿った最新のセキュリティソリューションをご提案させていただきます。企業に求められるセキュリティ対策①ランサムウェア対策ランサムウェアは、感染すると端末等に保存されているデータを暗号化して使用できない状態にした上で、そのデータを復号する対価として「身代金」を要求する不正プログラムです。IPA(独立行政法人 情報処理機構)が毎年発表している「情報セキュリティ10大脅威(組織)」では、ランサムウェアによる被害が2021年の第1位にランクインしており、今もなお被害が拡大している警戒すべきマルウェアです。ランサムウェアは何が危険?ランサムウェアとはランサムウェア対策ツールの選び方がわからない…おすすめのランサムウェア対策ツール企業に求められるセキュリティ対策②バックアップソリューションバックアップとは、データの紛失や損失、破損などに備えてコピーを別の環境に保存することを指します。ランサムウェア等のマルウェア感染時や天災の被害を受けた際に、バックアップがなくデータ喪失が起きてしまうと、データが利用できなくなることで企業の業務継続に深刻な影響が及びます。基幹系システムのように、その企業を支えている重要なシステムは、必ずバックアップを取得する必要があります。バックアップは本当に必要?バックアップの必要性バックアップツールの選び方がわからない…おすすめのバックアップツール企業に求められるセキュリティ対策③エンドポイントセキュリティエンドポイントセキュリティとは、ネットワークの末端に接続されているPCやサーバー、スマートフォンなどに対するセキュリティ対策のことです。従来は企業ネットワークの入り口を防御する境界型のセキュリティが主流でしたが、テレワークの急拡大や攻撃手法の多様化により、企業ネットワークの入り口だけを守るのではなく、企業ネットワーク全体を踏まえて防御する必要性が生じ、昨今エンドポイントセキュリティのニーズが高まっています。エンドポイントセキュリティはなぜ必要?エンドポイントセキュリティの必要性エンドポイントセキュリティツールの選び方がわからない…おすすめのエンドポイントセキュリティツール企業に求められるセキュリティ対策④クラウドアプリ保護クラウドアプリで代表的なものには、「Microsoft 365」や「Google Work Space」などがあります。各クラウドサービスには、強固なセキュリティ対策が施されており安心して利用できますが、長期間の「データ保全」や、社員の誤操作から生じる「データ流出」に関しては、利用者側の責任になります。SLAを把握した上で、バックアップの取得や情報漏洩対策を行い、クラウドアプリ内のデータを保護する対策が必要になります。なぜクラウドアプリを保護する必要がある?クラウドアプリ保護の必要性クラウドアプリ保護ツールの選び方がわからない…おすすめのクラウドアプリ保護ツール企業に求められるセキュリティ対策⑤脆弱性対策脆弱性とは、実装されているソフトウェアの弱点や企業ネットワークにおけるセキュリティ上の盲点を指します。セキュリティ上の盲点は、人間の不注意やメンテナンスの不備から発生します。脆弱性を突いた攻撃には複数の種類があり、主にメールを使った標的型攻撃や添付ファイルの開封によるウィルス感染、社内外のサーバーへ攻撃を仕掛けられるスキとなる不備(古いファームウェアやWebページの不備)があります。脆弱性対策とは、そのようなセキュリティ上のスキがないかを事前に調査し、対策を講じることを指します。脆弱性を突かれる主なポイントは?脆弱性を突かれる主なポイント脆弱性対策ツールの選び方がわからない…おすすめの脆弱性対策ツールソリューションを組み合わせて包括的なセキュリティ対策を上記のようなセキュリティソリューションを組み合わせることで、エンドポイントの端末からクラウドサービスにいたるまで、様々な課題に対するセキュリティ対策が行えます。セキュリティは一か所でも穴が空いてしまうとそこが弱点となってしまうため、包括的な視点で対策することが最も重要です。TD SYNNEXでは、お客様の課題に沿った最新のセキュリティソリューションをご提案させていただきます。セキュリティ対策をお考えの際は、ぜひお問い合わせください。無料でセキュリティ対策について相談するトップソリューションセキュリティ
#Security #Helthcare #Education #Manufacturing #Government

Microsoft 365等クラウドアプリのセキュリティ対策

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. トップ ソリューション セキュリティソリューション Microsoft 365等クラウドアプリのセキュリティ対策 Microsoft 365等クラウドアプリのセキュリティ対策Microsoft 365などクラウドアプリ利用者の「盲点」となる脅威に対策をクラウドアプリとは?クラウドアプリとは、「クラウドアプリケーション」の略語で、一般的には「ユーザーが主にインターネット経由でアクセスするソフトウェアで、その一部がユーザーのローカルマシンではなく、サーバーによって管理されるもの」を指します。(メーカーによって細かい定義は異なります)ソフトウェアは一般的にクライアント側からHTTP経由でサーバーにページ要求を送り、サーバー側が要求されたページをユーザー側のクライアントに送信することで情報をやり取りします。ユーザーは、WebブラウザやAPIを介してクラウドアプリとやり取りすることが基本原則ですが、クライアント側とサーバー側の間で何を処理するかによって、その形式は異なります。近年一般的になっているSaaS (Software-as-a-Service)は、Webアプリケーションとその基盤となる ITインフラとプラットフォームをユーザーに提供します。主にカスタマイズを最小限にとどめたい、基盤のメンテナンスを行いたくない、サブスクリプションモデルで利用したいユーザー向けの形式で、代表的なものにMicrosoft社の「Microsoft 365」や、Googleの「Google Workspace」などがあります。クラウドサービス利用者にとっての脅威は「SLA」大手ベンダーの運営するクラウドサービスには、ハッキングや不正アクセス等に対しては鉄壁ともいうべき保護がなされており、データそのものも保全される仕組みが整えられているため、クラウドサービスの利用者として「脅威」を感じることはほとんどありません。クラウドサービス利用者として気になることは、突然サービスにアクセスできなくなる等の障害が挙げられますが、これまで実際に起こったクラウドサービスのトラブルを見ても、数時間レベルでのサービス停止や一時的なスペック低下などは事例として存在するものの、いずれもメーカーが推奨する冗長構成をとることで回避可能なものが多く、復旧不能なレベルの大規模な被害は発生していません。法的な観点でも、メーカーとユーザー間のサービス利用における契約はSLAで規定されており、定められた稼働率を下回ると返金される規定があることや、外資系ベンダーであっても日本国内での裁判を規定する規約があるなど、日本国内でサービスを利用する際にも安心して利用できる内容となっています。しかし、実はこの「規定」、すなわちSLAの部分に、クラウドアプリ利用者にとって注意が必要な部分が隠れています。SLAで自社の責任範囲を明確に把握してデータを保護するSLAにおいて注意が必要な部分とは、「ユーザーの責任と提供者側の責任が、クラウドサービス事業者ごとに定められている」という点です。たとえば、「提供者側は48時間しかユーザーのデータを保管しません」とSLAに記載されている場合、提供者側はそれ以上のデータ保全を担保しません。そのため、ユーザー側がそれ以上の期間データを守りたい場合は、個別にバックアップを取得するなどの対策が必要になります。Microsoft365を提供しているMicrosoft社の場合だと、「クラウドにおける共同責任」と呼ばれるドキュメントで規定しているものがそれにあたります。※クラウドにおける共同責任 - Microsoft Azure _ Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/security/fundamentals/shared-responsibility https://azure.microsoft.com/ja-jp/resources/shared-responsibility-for-cloud-computing/このドキュメントは、いわば家電製品の取扱説明書における「必ずお読みください」と記載されている部分にあたり、ユーザーは上記のドキュメントをよく読み、サービス提供における担当範囲を把握し、運用上の責任を仕分けして、どこからが自社の責任範囲となるのかを明確に知っておくことが、現在のクラウドサービス利用者として必ず実施すべき事項となります。サービス提供者側と利用者側の責任範囲を明示したドキュメント例提供者側の責任短期間以内で発生したユーザー誤操作短期間以内で管理者の誤操作により削除されたメールボックスやグループの復元ハードウェアやインフラの故障によるサービス停止自然災害やデータセンターの故障によるサービス停止サービス利用者側の責任長期間通過した誤操作による削除の特定領域の復元退職者やアカウントが無効化されたユーザーのデータ削除悪意ある社員やハッカーによるデータ削除 / 破損悪意あるプログラムやランサムウェアによるデータ破損長期に渡るサービス停止時のBCP対策※出典:https://azure.microsoft.com/ja-jp/resources/shared-responsibility-for-cloud-computing/ より一部抜粋クラウドサービス利用者の勘違いから起こりがちなミスクラウドサービスを運用していく上でありがちな事故や、勘違いから起こりがちな事故について例示します。いずれのケースも、サービス内容の理解・確認をしていれば、発生しにくい事故です。事例①エディションに含まれているサービス内容を勘違いするケースたとえば、Microsoft 365には、E3/E5/F3等、複数のエディションがありますが、各エディションによって含まれているサービス内容は異なります。自社の契約しているエディションに合わせてアプリ保護の対策を立てる必要がありますが、自社の契約しているエディションでカバーされているにもかかわらず追加の対策をしてしまうケース、逆に自社の契約しているエディションでカバーされていると思い込んでしまい、必要な対策を施さないケースが散見されます。メーカーのサービスドキュメントを確認し、自社のサービス内容をきちんと把握することが必要です。事例②SLAの改定に気が付かないケースクラウドサービスのSLAは改定が加えられることが多く、都度毎にメーカーからのメールやWEBサイトで案内があります。重要な改定は繰り返しのお知らせが行われますが、中にはその改定に気が付かず、契約当初のSLAのままと思っているケースも散見されます。改定内容がユーザーにとってプラスとなるものであれば良いのですが、中にはサービス内容の縮小となる改定が行われることもあるので、メーカーからの案内は、定期的に確認しておくことが必要です。その他の注意すべきデータ喪失のケースデータ喪失のリスクとして他に注意すべきケースとしては、次のような例が挙げられます。事例①保存されていると思っていたデータがなくなっていたケース誤操作によりデータが喪失した際に、データを復旧させようと思っても、保存期間が過ぎており、結果的にデータの復旧ができないケースです。SaaSの利用において、ユーザーの誤操作によるデータ喪失は最も多い事故の一つとして挙げられています。このようなことにならないよう日頃からバックアップを取得しておくことが重要になります。事例②退職前の社員がデータを削除するケース退職前の従業員が嫌がらせで重要なデータを削除するケースや、過去にした不正の証拠となりそうなファイルやメールを計画的に削除してしまうケースも存在します。このようなケースに関しても、日頃からバックアップやメールアーカイブを行うことで対策することができます。事例③従業員による誤操作や不正アクセスにより喪失するケース悪意のない従業員による重要データの削除や誤送信、第三者によるログインIDやパスワードの乗っ取りにより、データを喪失または漏洩してしまうケースがあります。このようなケースへの対策として、SaaS認証基盤やDLPソリューションを導入することで防ぐことができます。クラウドアプリ保護にはバックアップと情報漏洩対策をクラウドアプリのデータを守るための対策の基本は、各サービスごとのSLAを参照し、自社の基準と照らし合わせて、予め必要な対策を講じておくことです。データ保全対策として、「バックアップの取得」は最も有効な対策となりますが、加えて、不正アクセスや誤操作への「情報漏洩対策」を行うことでより強固なデータ保全対策が可能です。クラウドアプリの主なデータ保全対策Microsoft 365の機能内、もしくは追加オプションやライセンスレベルをアップグレードするサードパーティ製品・サービスを利用してバックアップをとる重要データの監視・情報漏洩対策を行う①はMicrosoft 365内部で完結するメリットがありますが、Exchange、OneDrive、 SharePointなど各サービスごとにバックアップの取得方法やリカバリーのポイントが異なるため、各サービスごとにバックアップ方法を細かく検討する必要があります。②のサードパーティ製品・サービスを利用する方法は、バックアップを目的に開発された別の製品を導入する形式です。一つのインターフェースでさまざまなクラウドアプリのバックアップを一括して取得可能で、きめの細かい設定ができるため、自社の状況に合わせて柔軟にバックアップを取得したい際は、サードパーティ製のバックアップツールの利用がお勧めです。③の重要データの監視・情報漏洩対策を行う方法は、各ユーザー認証およびログトレースを取ることができる環境を整備することを指します。複数のクラウドサービスを横断的に利用している場合、情報漏洩などの非常時に各ユーザーのログからどのような情報が漏洩したかを判断するためには、認証系の仕組みは複数のクラウドに対応しているものを使う必要があります。サードパーティ製のバックアップツールの選び方バックアップツールを選ぶ際にチェックすべきポイントは次の通りです。要件によって、各ポイントの重要性や優先度は相対的に異なりますが、ツール選定時のご参考になさってください。自社の要件をきちんと満たしているかデータの保護はユーザー側で担保すべきという原則に立って、自社の利用しているサービスがきちんと保護対象になっているかや、RPOやRTOを満たすことができるかなど、設定項目の柔軟性を考慮に入れる必要があります。運用しやすいか自社でバックアップを運用する場合、日々のバックアップやリストアのしやすさ、使い勝手の良さも重要なポイントになります。他にも日本語のマニュアルが充実しているか、サポートの品質や日本語対応可能な時間帯等についても事前に確認をしておくことが重要です。ベンダーの信頼性定期的にアップデートがなされ、直近2~3年のマーケットにおいて実績のある製品かどうかなど、継続的に利用する観点では、ベンダーの信頼性も重要なポイントです。おすすめのクラウドアプリ保護製品Barracuda…
#Security #Helthcare #Education #Manufacturing #Government

バックアップソリューション

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. トップ ソリューション セキュリティソリューション ランサムウェア対策向けバックアップソリューション ランサムウェア対策向けバックアップソリューション災害やランサムウェア対策にはバックアップソリューション バックアップの必要性 バックアップとは、データの紛失や損失、破損などに備えてコピーを別の環境に保存することを指します。バックアップを取得する目的は、現在のエンタープライズITの環境を踏まえると、大きく下記に整理されます。 ウィルス感染によりデータが汚染されてしまったときに、業務継続性を担保するため ランサムウェアなどのマルウェアに感染してしまうと、データが暗号化されてしまいます。基幹系システムのデータやファイルサーバーのデータ等が暗号化されるとシステムが利用できなくなってしまうため、このような目的でもバックアップの取得が行われます。 機器トラブル・運用トラブルによるデータ損失に備えるため 運用している機器やクラウドに機器故障が発生した際や、ストレージの当該部品が壊れてしまった時のため、また、運用時の誤操作等で誤ってデータを消してしまった際のデータ喪失を防ぐためにバックアップを取得します。 天災に備え業務継続性を確保するため 地震や台風などでデータセンターが被災してしまう可能性に備え、バックアップデータを取得して遠隔地にある別拠点、もしくはクラウド上に転送することが行われます。 テストデータの確保や開発環境への提供のため 開発環境で機能の開発を行う際に、本番環境のデータを使ってテストしなければならないケースが発生します。そのような場合にバックアップデータをコピーして、開発環境向けに準備することが行われます。 バックアップが無いことのリスク バックアップがない場合、つまりデータ喪失が起きてしまうと次のようなリスクが発生します。 業務継続性のリスク 業務継続性の観点で大きな損害が発生します。業務継続性の観点では、データが失われることによる直接被害というよりも、データが利用できなくなることによる副次的被害として企業の業務継続に重大な影響を与えてしまうことを指します。 例えば、基幹システムのデータを保管している機器のデータが失われてしまうと、当然利用先のシステムはデータがないため、システムは起動しません。そのため、システムを利用して行っている業務ができない(例えば、会社の決算ができない)などの影響が発生してしまいます。このように、単なるトラブル対策という観点だけではなく、業務継続性の観点でもバックアップの取得は重要視されます。 機器トラブル・運用トラブル時のリスク 運用している機器にトラブルが発生し、データを格納している部分が故障してしまった場合、故障個所によっては修理をしてもデータが復旧できません。最近のストレージ機器は冗長構成などで保護されており復旧できるケースがほどんどですが、複数の箇所が同時に障害を起こすこともあり、データが失われてしまう可能性はゼロではありません。 機器トラブルによりデータが喪失した際には、バックアップからデータを戻して復旧をするのが一般的ですが、バックアップが取得されていないとデータを復旧することができないため、機器トラブルは修理できても、サービス復旧ができない事態に陥ります。 バックアップ取得の考え方 バックアップの取得の考え方としては、データの保護という観点では、”保護対象を、違うところ・違うものへ配置する”(異なる場所・リージョン、異なる機器、異なるクラウド)ことが基本となります。 どこにどのようにバックアップを取得するかは、保護対象のシステムをどのくらい保護しなければいけないかによって判断されます。具体的には、バックアップ対象となる業務をどのくらい・どの程度の期間保護する必要があるかや、被災時の復旧をどのくらいのスピードで行う必要があるか、などです。 バックアップを取るべきシステム…
#Security #Helthcare #Education #Manufacturing #Government

脆弱性対策の方法とツールの選び方・おすすめ製品

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. トップ ソリューション セキュリティソリューション 脆弱性対策の方法とツールの選び方・おすすめ製品 脆弱性対策の方法とツールの選び方・おすすめ製品セキュリティの脆弱性を埋めるソリューション脆弱性対策とは脆弱性とは、一言でいえば実装されているソフトウェアの弱点やセキュリティ上の盲点を指します。時代によってポイントは変わりますが、今も昔も、情報セキュリティの被害は弱いところを突かれて被害が発生してしまうことは変わらないため、脆弱性対策の基本は弱点や盲点を作らないことにあります。脆弱性を突いた攻撃にはいくつかの種類があり、主にメールを使った標的型攻撃や添付ファイルを開封してしまうことによるウィルス感染、社内外のサーバーへ攻撃を仕掛けられてしまうスキとなる不備(古いファームウェアやWEBページの不備)があります。上記でいうセキュリティ上の盲点とは、人間の不注意(セキュリティ規定を守らない)やメンテナンスの不備(アップデートされていない)から発生します。 脆弱性が発生する原因脆弱性が発生する原因は、①初期の実装や設計にミスがあった(WEBアプリケーション等)ケースや、②ソフトウェアアップデート等の適用を忘れてしまうケースなど、その原因のほとんどは人為的なミスによるものです。映画でよく見られるような人為的に攻撃を仕掛けるハッキングも基本的にセキュリティ対策の不備を突いて攻撃を仕掛けることになるので、人為的なミスをいかに無くすかが対策の基本になります。原因①初期のシステム設計や実装(コーディング等)にスキがあるケース初期のシステム設計や実装(コーディング等)にスキがあるケースは、システム設計時の予測不足と、ソフトウェアやアプリケーションの設計時のミスに大別されます。IPAなどの公的機関やセキュリティツールベンダーから脆弱性対策のガイドラインや実装方法をまとめたガイドブックが発行されていますが、最新のセキュリティ対策情報を参照して実装し、定期的に改修を行わないと、当該脆弱性を突かれてしまい、WEBサイトの改ざんや個人情報の流出等を招いてしまいます。原因②ソフトウェアアップデートの適用が正しく行われないケース大手ベンダーの開発したソフトウェアは、設計時に高いレベルのセキュリティ対策が考慮され、リリース後に見つかったセキュリティリスクについても定期的もしくは臨時にリリースされるアップデートによって対策が施されます。しかし、リリースされたアップデートファイルを適用していないと、結果的に無防備な状態となってしまうため、セキュリティホールとなってしまいます。原因③故意に仕掛けられるケース故意に仕掛けられるケースも多数存在し、最初からバックドアとして外部からアクセスできるような入り口を作っておくケース、ウィルス等の手段で内部のデータを送信するアプリケーションを仕掛けるケース、退職する社員が腹いせにツールを仕掛けていくケースなどが挙げられます。特に退職する社員が在籍していた企業に恨みを持っているケースでは、金銭目当てに個人情報を持ち出すケースもあるので注意が必要です。脆弱性の被害事例被害事例①Webサイト上のフォームが改ざんされてしまうケースクロスサイトスクリプティング(XSS)と呼ばれる、SNSなどの動的なWEBサイトにある入力フォームの脆弱性を狙う攻撃により、WEBサイト上のフォームが改ざんされてしまうことで、偽の入力フォームが作成され、個人情報漏洩につながってしまうケースや、背後のデータベースから情報が流出してしまうケースが多くなっています。※IPA「ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2021年第2四半期(4月~6月)]」より被害事例②会社の情報資産が暗号化されてしまうケース大手ベンダーの開発したソフトウェアは、設計時に高いレベルのセキュリティ対策が考慮され、リリース後に見つかったセキュリティリスクについても定期的もしくは臨時にリリースされるアップデートによって対策が施されます。しかし、リリースされたアップデートファイルを適用していないと、結果的に無防備な状態となってしまうため、セキュリティホールとなってしまいます。被害事例③古いサーバーよりウィルスが侵入してしまうケースコロナ禍によるテレワークの急拡大により、VPNサーバーを増強した古いサーバーを再利用したりするケースが増えていますが、利用対象者の拡大に伴いウィルスが侵入してしまうケースが散見されています。脆弱性対策を行うための「脆弱性診断」とは?脆弱性診断とは、上記のような脆弱性のポイントに対して、脆弱な部分が無いかどうかを調査することです。セキュリティ対策の基本は弱いところを作らない、定期的なソフトウェアの更新、セキュリティソフトウェアやファイヤーウォールなどを適切に導入することが基本になります。これらのメンテナンスを行い、正しく管理されていれば、被害に遭う可能性は80%以上減少するというデータもあります。しかし自社内にセキュリティ対策の専門チームを持っているようなところを除けば、大多数の企業では上記のような作業・管理を完璧に行うことが難しく、どうしても抜けやもれが出てしまいがちになります。また、攻撃側も企業側の対策に合わせて攻撃手法を進化させているため、未知の攻撃に襲われる危険が出てきます。こうした状況を受け、近年では外部からセキュリティ対策が正しく運用・準備されているかどうかを確認する診断サービスやツールが登場しています。脆弱性診断の2種類の方法脆弱性診断には大きく、人(コンサルタント)によって行われるサービスと、診断ツールによって行われるサービス、および診断ツールを使ってユーザー自身で診断を行うものに大別されます。診断ツールによるサービス(ユーザー自身による診断ツールを利用した自己診断)診断ツールによるサービスでは、専用のツールを使って検査を行います。【メリット】人手では対応が難しい、網羅的な検査や大量のデータを一気にスキャンすることが可能です。ツールのレポートで適用すべきパッチの有無、最新バージョンの有無などを出力する製品もあり、その場合、セキュリティの知識が必要なく、簡単に脆弱性診断ができるのも大きなメリットです。【有効活用のポイント】ツールベンダーや代理店の有償サービスを契約する、製品トレーニングを受講するなど、ツールに習熟したサービスやサポート体制があるかどうかを確認した上で導入するとより効果的に活用できます。人によって行われるサービスツールによる網羅的な検査ではなく、専門のコンサルタントによる検査が実施されます。【メリット】網羅的な検査と違い、特定の領域を重点的に検査するといった柔軟な対応や、検査結果の解説、対策実装の際のコンサルティングまで幅広い分野における対応が可能な点がメリットです。【有効活用のポイント】人の手で行われるもののため、依頼内容によってはツールによる診断よりもコストも時間もかかる傾向があります。そのため、まずは「ツールで全体を診断し、特に重要な部分をコンサルタントに依頼する」といったステップを踏んで活用するのがおすすめです。脆弱性診断の診断箇所診断箇所としては大きくサーバー側とクライアント側に大別されます。最近ではSaaSやクラウド環境に対しても診断が行われることがあります。サーバー側サーバーそのものや、プログラムのソースコード、WEBアプリケーションの実装などが診断対象になります。また、ペネトレーションテスト(実際に疑似的な侵入を行い、実地で弱点を洗い出すテスト)も行われます。クライアント側PCや携帯端末などが対象になります。脆弱性の対策方法対策①最新の実装ガイドを確認して、脆弱性となるポイントをなくす。IPAやセキュリティツールベンダーが出している最新の実装ガイドを参照して、セキュリティ対策に漏れがないような改修を定期的に行います。また、WAFなどの対策手段を並行して実装することも効果的です。対策②ソフトウェアアップデートを適用するメーカーから出されるソフトウェアアップデートの一覧を確認し、適用する必要がある場合にはできる限り早いタイミングで適用します。最近はアップデートがあると自動的に通知してくれるツールもあるので、そのようなツールを補助的に活用するのも一手です。対策③定期的に診断を行う上記①、②の対策を行うことが基本ですが、どうしても漏れが出てしまったり、メーカーからのアップデートが遅れてしまう等の自体が発生してしまう恐れがあります。そのような事態に備えて、定期的にツールもしくはコンサルティング会社に依頼するなどして、自社の脆弱性となるポイントを洗い出します。脆弱性対策に役立つツールを選ぶ3つのポイントパッチ管理セキュリティ対策の基本となるソフトウェアアップデートに漏れがないように、パッチ管理を行う管理ツールを導入します。ベンダーのウェブサイトを確認してアップデートされるものから、セキュリティの情報サイトを確認して定期的なアップデートをかけてくれるものなど、さまざまなツールがあります。パッチ管理に強みを持つツール資産管理セキュリティ対策が必要となるサーバーやPCなどの外部機器、中にインストールされたアプリなど、社内資産がどこに存在するのか正しく管理するために必要となります。自社の運用管理環境と親和性の高いものを選ぶことがポイントです。資産管理に強みを持つツールログ解析(SIEM)・複合対策(XDR)ツール大量のセキュリティログを解析し、潜在的な脅威を可視化することで、脆弱性対策を強化できます。ログ解析をもとに、攻撃の検知や防御などの対策が行えるXDRツールを導入することで、より複合的な対策を構築することも可能です。ログ解析(SIEM)・複合対策(XDR)に強みを持つツールパッチ管理機能を備えたバックアップツールAcronis Cyber Protect CloudAcronis社が提供する「Acronis Cyber Protect Cloud」は、次世代バックアップ機能とデータセキュリティ機能を融合したバックアップソリューションです。データ保全を目的としたバックアップ機能から、アンチマルウェア機能やパッチ管理など、高度なマルウェア対策も可能です。バックアップだけではなく、セキュリティ対策まで、1つのプラットフォームで包括的に運用されたい方におすすめです。この製品について問い合わせるPanda Adaptive Defense 360WatchGuard社が提供する「Panda Adaptive Defense 360」は、EPP(防御対策)とEDR(検知後の対処)を単一の軽量エージェントで実現します。エンドポイント対策だけではなく、脆弱性保護モジュールが、最新のセキュリティパッチの更新がされていないシステムを、企業が安全な環境で作業できるよう動作ルールによって保護します。開発元のサポートが終了しパッチが当てられず脆弱な状態となっているシステムを抱えている環境や、1つのソリューションでエンドポイントから脆弱性対策までを行いたい企業におすすめです。この製品について問い合わせる資産管理に強みを持つツールLANSCOPE Cloud/on-premisesMOTEX社が提供する「LANSCOPE Cloud/on-premises」は、パッチの自動適用を含む資産管理や、操作ログの取得など社内のPC管理を一元管理できるソフトウェアです。国内でこちらも多くの実績を持ちます。「LANSCOPE Cloud/on-premises」は中小企業だけでなく、大企業(複数拠点、大規模環境)での監視にも対応しています。クライアントが利用するリソースが少ないため、低スペックなPCでも利用することができます。また、インシデント発生時には、操作ログやアプリの稼働ログを取得することにより、不審な通信を送信しているPCとアプリの特定が可能です。直観的に操作できるUIにより、専門的な知識がなくても、日々の脆弱性対策が簡易的にできます。SIEM製品など外部ツールと連携することにより、より広範囲のログ管理も可能です。提供形態としてオンプレミス版とクラウド版が双方提供されています。この製品について問い合わせるSKYSEA Client ViewSky株式会社が提供する「SKYSEA Client View」は、国内で多くの企業、公的機関に使われているツールです。CMでもおなじみで、社内の資産を一元管理することができます。特に管理対象の広さが特徴で、PCだけではなくスマートフォン、プリンタやハブなどネットワークに接続された機器を一元管理することができます。大き目のアイコンと整理された管理画面により、工数をかけずに資産管理、操作ログ管理ができることが特徴です。また、UTMなどの他社製品と連携することにより、脆弱性を狙ったサーバー攻撃の早期発見が可能になります。この製品について問い合わせるログ解析(SIEM)・複合対策(XDR)に強みを持つツールElastic SecurityElastic社が提供する「Elastic Security」は、Elasticsearch、Kibana、Beats、Logstashで構成される検索・分析エンジン「Elastic…
#Security #Helthcare #Education #Manufacturing #Government

ランサムウェア対策におすすめのバックアップ製品とセキュリティソリューション

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. トップ ソリューション セキュリティソリューション ランサムウェア対策 ランサムウェア対策におすすめのバックアップ製品とセキュリティソリューション今もなお被害が拡大するランサムウェアに対策できる最新のソリューションランサムウェアとは?ランサムウェアとはマルウェアの一種です。マルウェア(Malware)は、コンピュータに悪事を働くソフトやコードの総称で、PC等のデバイスへ不正にアクセスし、何かしらの害を及ぼします。一般的に知られている「コンピュータウィルス」も、このマルウェアのうちのひとつです。そして近年問題になっているのが、マルウェアのなかでも悪質な実害をもたらす「ランサムウェア」です。ランサムウェアは、感染すると端末等に保存されているデータを暗号化し、使用できない状態にした上で、そのデータを復号する対価として金銭を要求する不正プログラムです。「身代金要求型マルウェア」とも呼ばれます (「ランサム」は日本語で「身代金」の意味)。また、ランサムウェアの種類によっては感染した端末だけではなく、社内ネットワークを介して、他のPCやサーバーにまで感染を拡大させ、重要データを暗号化するだけでなく、データを盗み、二重脅迫をする場合もあります。 ランサムウェアによる被害拡大の背景ランサムウェアによる被害が拡大した理由の一つに、仮想通貨の普及があると言われています。仮想通貨はその特徴として、従来の法定通貨に比べて匿名性が高く、換金も素早くできてしまうことから、金銭目的でランサムウェア攻撃に利用されるケースが多くあります。もっとも、仮想通貨(ビットコイン等)は、すべての情報が取引履歴として残る特性があるため、犯人から奪還したケースも存在します。参考:米司法省2.3億ドル分の支払済暗号通貨を奪還Department of Justice Seizes $2.3 Million in Cryptocurrency Paid to the Ransomware Extortionists Darkside(https://www.justice.gov/opa/pr/department-justice-seizes-23-million-cryptocurrency-paid-ransomware-extortionists-darkside)よりまた、IPA(独立行政法人 情報処理機構)が毎年発表している「情報セキュリティ10大脅威(組織)」の第1位に、「ランサムウェアによる被害」がランクインしていることからもわかる通り、国内外におけるランサムウェアによる被害の拡大が顕著になっています。ランサムウェアに感染するとランサムウェアに感染すると、様々な被害が発生します。直近の傾向では下記のような被害がみられます。重要なファイルが暗号化されPCからアクセスできなくなる感染した端末に、ファイルを暗号化した旨の脅迫文が出る暗号化されたファイルがシステムから読み込めず、システムダウンを起こすランサムウェアが外部に対して無作為に情報を送信し、情報漏洩につながる上記に加え、金銭(主にビットコイン等の仮想通貨)を要求される。 暗号化された上に脅迫されるため、二重脅迫(ダブルエクストーション)とも称される。2021年だけでも被害事例は61件に上り、うち半分以上で直接的な金銭要求があったとのレポートを警察庁が取りまとめています。また、復旧に際してかかった期間や費用についても同レポートで取りまとめており、期間については1週間程度で復旧したものもあれば、2週間以上かかってしまったものもあります。費用面についても、100万円程度の損害で済んだケースもあれば、中には1,000万以上の復旧費用が掛かったケースもあった旨がまとめられています。出展:警察庁「令和3年上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」よりhttps://www.npa.go.jp/cyber/ransom/index.htmlランサムウェアの感染経路ランサムウェアの感染経路は主に下記の3つが挙げられます。いずれも既存のマルウェアと変わるものではありません。1. 電子メールの添付データから感染する(攻撃者から発信されたメールのリンクをクリックしてしまう)2. Webサイトから感染する(改ざんされたWebサイトからDrive by download攻撃を受けてしまう)3. リモートデスクトップからの侵入、VPN装置への侵入や標的型攻撃など、特定の企業や個人を狙った攻撃を受けて感染する(テレワークの普及に伴う被害の増大傾向にある)ランサムウェアの主な種類と被害事例ランサムウェアの主な種類WannaCry自動的に感染を広める機能を持つマルウェア「ワーム」とともに構成されているランサムウェアです。Windowsネットワークの脆弱性であるMS17-010を狙って侵入します。 ドロッパー1と呼ばれるワームがPCに侵入すると、ランサムウェアの機能を持つドロッパー2が自動的に実行されます。攻撃はファイル共有のプロトコルであるSMBv1に対して行われます。自動的に感染が広がるため、国内でも継続的に被害報告があります。Ragnar…
#Security #Helthcare #Education #Manufacturing #Government

エンドポイントセキュリティ製品の比較8選(EPP/EDR)

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. トップ ソリューション セキュリティソリューション エンドポイントセキュリティ エンドポイントセキュリティ製品の比較8選(EPP/EDR)従来のウィルス対策ソフトから大きく進化したセキュリティソリューションエンドポイントセキュリティとはエンドポイントセキュリティとは、PCやスマートフォン、サーバーのようなインターネットや社内LAN、仮想環境下の末端に接続された端末を、サイバー攻撃から守るためのセキュリティ対策を指します。簡単に言うと「会社で支給されるPCやスマートフォンなどに対するセキュリティ対策」です。従来は会社のネットワークの入り口を防御する境界型のセキュリティが主流でしたが、テレワークの急拡大、攻撃手法の多様化、システム接続の多様化といった事情により、企業ネットワークの入り口だけを守るのではなく、企業ネットワーク全体を踏まえて防御する必要性が生じています。そのような事情から、昨今エンドポイントセキュリティのニーズが高まっています。 エンドポイントにあたるものエンドポイントにあたるものは、PCやスマートフォン、タブレット等のモバイルデバイスをはじめ、企業ネットワーク内に存在、もしくは外部から接続する端末を指します。一部の企業では、会社から支給されるPC以外もBYOD(私物端末の業務利用)として、私物の端末を業務に利用するケースもあり、保護対象となるアプリケーションやユースケースは増加の一途をたどっています。エンドポイントセキュリティが見直されている背景社内ネットワーク外にあるエンドポイントの増加とサイバー攻撃の進化これまでの企業におけるエンドポイントの保護は、いわば端末単位で最低限の検知ができる体制でした。各端末が組織内部のネットワークにいることで、外部ネットワークとの境界(ゲートウェイ)で、ウイルスなどのサイバー脅威による侵入の多くを阻止し、エンドポイント端末への被害は最小限に抑えられていました。万が一、外部からの侵入が検知された場合、プロキシーサーバーなどに侵入痕跡が残り、対象となったPCやサーバーを調査することで原因を突き止め、全体としてのセキュリティを担保していました。しかし、クラウドやSaaSの普及に伴い、エンドポイント端末が組織内部のネットワークから出てしまうことが主流となり、加えてコロナによるリモートワークの進展に伴い、持ち出された端末が直接インターネットへアクセスすることが急増しました。また、昨今のテクノロジーの進化に伴い、マルウェアやウイルス、ファイルレス攻撃などの攻撃手段にもAIを活用するなど、サイバー攻撃がより複雑で高度化してきました。さらに、ランサムウェア攻撃を容易にするパッケージサービスである、RaaS(Ransomware as a Service)によって、利用料金さえ払えば、技術力のない攻撃者でも容易にランサムウェアが利用できてしまうようになり、攻撃が増加してきています。そのため、従来型のアンチウイルス対策だけでは、完全に防御することが不可能になってきました。つまり、エンドポイント端末に、ゲートウェイ対策を含むような単一の製品で多層防御が行える優れたセキュリティ対策を行う必要があり、従来の「感染しないための水際対策」だけではなく、「侵入されることを前提とした新しいエンドポイント対策」を検討しなければいけない状況に変わってきました。不正アクセスの高度化不正アクセスの高度化もエンドポイントセキュリティ対策の必要性を高めています。マルウェア等の攻撃手段は日々高度化し、標的型攻撃等の手段やUSBによる外部記憶媒体からのウィルス感染が起こるなど、これまでにないレベルで複合的な対策が求められています。最近はスマートフォンで業務を行うことも日常化しているため、スマートフォン向けの対策も必要になっています。従来とこれからのエンドポイントセキュリティ対策の違い従来の目的不正なインストールを防ぐため従来のエンドポイントセキュリティ対策は、意図しないソフトウェアのインストールを防ぐことが大きな目的でした。そのためにファイヤーウォールやIPS、IDSを使って組織内のネットワークへの侵入を防ぐべく、パターンマッチング(あらかじめ内部にウィルスのパターンファイルを持っておく)や、ふるまい検知(事前にウィルスの挙動を学習することで未知のウィルスでも挙動から判断する方法)を実装するケースが多く見られ、現在でも多く使われています。これからの目的端末を保護することを主眼にそれに対して、これからのエンドポイントセキュリティ対策は、端末を守ることを主眼に置いています。従来の対策に加えて、主な機能として挙動の検知、端末の隔離等の迅速な処置、資産管理からバックアップ、データの暗号化にいたるまで多方面に対応できる機能を備えているケースが多く、近年エンタープライズ環境でも採用されるケースが増えています。従来のエンドポイントセキュリティパターンマッチングを中心とした検知を行い、マルウェアの感染を水際で防ぐこれからのエンドポイントセキュリティ感染前だけでなく侵入されることを前提とした対策をすることで端末を保護するエンドポイントセキュリティでできることエンドポイントセキュリティは、端末をどのように守るか?ということを念頭においたセキュリティ対策です。製品によって概念や細かい違いに差がありますが、一般的に下記の概念が含まれます。侵入前の対策ファイアウォール、ファイルアンチウイルス、メールアンチウイルス、ウェブアンチウイルス、ヒューリスティック解析検知後・侵入後の対策検知した端末の隔離不審なふるまいを検知する内部脅威への対策その他データの暗号化、資産の運用管理、パッチの適用管理など エンドポイントセキュリティ製品の概念と主な機能製品によって機能や呼称が異なり、各メーカーが独自のポジションを訴求しようとさまざまなアプローチを行っていますが、下記の2種類に分類されることが多いです。また、バンドル(抱き合わせ)により、EPPとEDR双方の機能を備えている製品も増えています。EPP単品の製品は、ライセンスの追加をすることで、あとから好きな時にEDRへ機能拡張ができます。EPP(Endpoint Protection Platform)直訳するとエンドポイント防御プラットフォームとなり、アンチウィルスソフトやWAF、IPS/IDS等の企業ネットワークの水際(境界)で防ぐソリューション全般を指します。EDR(Endpoint Detection and Response)直訳すると「エンドポイントでの検知と対応」です。従来の境界型防御だけではなく、マルウェアへの感染を前提とし、PCやスマートフォンなど末端の機器においても攻撃による侵害の検知と対応を行うことに重点を置いたソリューション全般を指します。標的型攻撃をはじめとする攻撃の巧妙化や、SaaSの導入やリモートワークの進展による境界の曖昧化によって近年普及が進んでいるソリューションです。おすすめのEPP/EDR製品Sophos Intercept X AdvancedSophos社が提供する「Sophos Intercept X Advanced」は、ランサムウェアによって行われた変更をロールバックする機能に特徴を持ち、北米やヨーロッパの多くの大企業から信頼を集めています。特に大企業向けのクライアント機能に焦点を当てた脅威保護機能を搭載しています。同社製「Sophos Firewall-XGS」と組み合わせることで、ネットワークとエンドポイントのセキュリティ一元化を実現し、検知端末を自動的にネットワークから隔離し、デバイスのクリーンアップが完了後、自動的にネットワークに参加させます。Sophosの専門家チームが提供するフルマネージドサービス付きのライセンスもあります。この製品について問い合わせるCPMS powered by BlackBerryMOTEX社が提供する「CPMS powered by…
#Security #Helthcare #Education #Manufacturing #Government

ハイブリッドクラウドアセスメントサービス

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.ハイブリッドクラウドアセスメントサービス既存インフラ環境(サーバー、ストレージ)の健康診断 をして快適&運用コストを抑えたシステム環境を実現しませんか?よくあるお悩みお悩み①現行システムでは繁忙時期にパフォーマンスが悪くなる..お悩み②現行システムのサポート終了が迫っているコストをしっかり見直して刷新したい...お悩み③オンプレ? クラウド ?ハイブリッド?最適な環境を導入したい...ハイブリッドクラウドアセスメントサービスで解決できますPoint 1パフォーマンス改善のご提案をさせていただきますPoint 2新規システムのご提案とともにコストの見直しのご相談も対応いたしますPoint 3分かりづらいシステム周りについてあらゆるご相談に対応させていただきますまずは気軽にお問い合わせくださいお客様のご状況に合わせて専任担当者がご案内いたしますお問い合わせ 資料ダウンロードハイブリッドクラウドアセスメントサービスでできること調査✔ 調査対象のヒアリング✔ アセスメントツールのダウンロードと実行分析✔ システムのパフォーマンスに関するデータを収集✔ ビジュアル化されたレポートの作成提案✔ 次期インフラに最適な機器構成を提案✔ 設計、構築などのサービスもあわせて提案アウトプットイメージ例全体のサマリ情報ゲストOSの数、ホストOS情報上記の他にも、Read:Write比率、VMのサマリ情報、個々の仮想マシン情報などのデータが確認できます。※当サービスでは、IT環境およびワークロードに関するデータを収集、ビジュアル化するために、DELL社が提供している Live Optics 等のツールを利用します。よくあるご質問アセスメントサービスを無償でやってもらえますか?はい。調査・分析・提案までさせていただきます。ハイブリッドクラウドに関して知識がなくても利用できますか?はい。ハイブリッドクラウドについて分からないことはお気軽にご質問ください。実際の作業までやってもらえますか?はい。実行ファイルの提示・分析作業・提案まで、テクノロジーに精通したエンジニアが担当します。※Live Optics 等の実行ファイルのインストールはお客様にお願いしております。提案してくれる機器は特定のメーカーのみですか?ご提案する機器は特定のメーカーにこだわらず、お客様のご事情に合わせてご提案させていただきます。提案後のサポートはしてもらえますか?はい。機器仕様の深堀が必要であれば、要件定義・RFP作成をご支援いたします。また、PoCによる検証作業、設計・構築サービスも提供可能です。お問い合わせ お問い合わせ 資料ダウンロード
#Cloud #Helthcare #Education #Manufacturing #Government #Newnormal

Windows 11

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.Windows 10 からビジネス向けの機能が大幅に強化された Windows 11。新しい働き方に対応し、従業員の生産性を高める機能が満載です。TD SYNNEX では Windows Autopilot を活用した Windows 11 のスムーズな導入もサポートしています。
#Security #Client #Helthcare #Education #Manufacturing #Government #Newnormal

ソリューション
から探す

業種から探す

ページトップ